外壁塗装の見積もり

外壁塗装の見積書例公開!見積もりを安くする術・費用テク

投稿日:

外壁塗装の見積り時の注意点教えます!

外壁塗装の見積もりしてもらったけど、この金額が適正が不安なあなた。

管理人
管理人

実際の見積書を元に、各工事項目の単価や、相場の金額を紹介します。

複数社から見積もりしてもらう相見積は意味あるの?

相見積は何社ぐらいですれば良い?

見積もりの際に、少しでも安くする術、費用テクニックを3つ教えますので、是非利用してみてください。

見積もりの注意点も挙げていますので、参考にしてください。

外壁塗装の見積書の例(各単価付)

外壁塗装の見積り例(各単価付)
※画像は見積書例

各工事単価の相場はコチラの表を参考にして下さい。

項目 単価 小計
足場 シート付 800~1,200円/㎡ 約120,000円
外壁洗浄(高圧) 200~400円 約30,000円
下地処理 一式※ 約40,000円
各養生 一式※ 約30,000円
下塗り 500~1,000円 約90,000円
中・上塗り 1,800~3,500円 約360,000円
合計 - 約670,000円+α

(120㎡、シリコン塗料使用)
※㎡単価で計算せず、一式工事として算出することが多い

合計の所の+αとしたのですが、屋根、軒天、樋、水切り、破風、ゴミの処理・現場管理等の諸経費などが追加されます。

こちらは、人によってする箇所しない箇所と分かれたり、各業者ごとによって管理費のパーセンテージが異なったりしますので、あえて省かせてもらいました。

見積書作成してもらう時の注意点

見積書作成してもらう時の注意点

  • 金額を気にせず、まずはアナタの希望内容をしっかりと伝える
  • 遠慮して、業者ペースにならないように
  • 見積もり段階で、この業者と合う合わないを見極める
  • 見積書作成前に内容の最終確認

チェックして、疑問点、項目をもっと詳しく分別してほしいなどの要望は、遠慮せずに伝え、対応してもらいましょう。

管理人
管理人

あなたがお金を出すので、納得するまで、やり取りして構いません。

そこで嫌な顔をする業者は、見積書のどこかでごまかそうとしている可能性がありますので、そんな業者には工事をお願いしなければいいだけです。

まあ言ってしまえば、優良なところなら、きちんとお客さんが理解できる見積書を作成してきます。

そこでお客さんに不信感を与えている業者では、評判もあまり良くないでしょう。

いつ頃から見積もりしてもらう?

工事スタートから何日前?

工事スタートから何日前?

管理人
管理人

工事してもらいたい日の「半年」から「1年前」に動き出すのがいいです。

その理由は「工事に適した季節」があったり、「材料・工法の選定」をじっくりする必要があるからです。

業者を選定して、金額を把握し資金の捻出するなどを考えると、「半年から1年」を見て動き出せば満足行く外壁塗装工事ができるでしょう。

工事に適した季節、時期についてはコチラを参考にして下さい。
外壁塗装に適した季節、最適な時期っていつ?雨の影響は?

外壁塗装に適した季節、最適な時期っていつ?雨の影響は?

工事スタートまでの流れ

工事スタートまでの流れ

工事スタート後の流れは、こちらの記事で詳しく解説しています。
外壁塗装の工程、各工事の日数を解説!洗濯物、飲み物は?

外壁塗装の工程、各工事の日数を解説!洗濯物、飲み物は?

少しでも安くする術、費用テクの見積もり方法3つ

少しでも安くする見積もりテクニック3つ紹介

今回は、少しでも工事費用を安くする術、費用テクニックを3つ紹介します。

使用塗料の確認

塗料代は、外壁塗装工事の大半を占めます。

使用したい塗料について、少し知識をつけておくと、納得いくリフォーム、外壁塗装に前進します。

塗料の種類については、コチラで詳しく解説しています。
外壁塗装の塗料の種類別に特徴、単価、耐用年数を比較解説

ココの確認を怠ると、絶対に損をすると言っても過言ではありません。

初級テクニック

初級テクニック

まずは、その塗料代が適正金額かどうか、他社と見比べるなどをして、確認しましょう。

塗料の価格について、コチラで各種類で比較していますので、参考にしてください。
外壁塗装の塗料価格・単価の相場とは?種類別に比較解説

外壁塗装の塗料価格・単価の相場とは?種類別に比較解説

中級テクニック

次に、中級テクニックとして、使用塗料の性能、効果、耐用年数が本当に、アナタの希望通りか確認しましょう。

もしかすると、全然必要としていない性能のために割高な塗料が選ばれている可能性があります。

本当に、その性能、効果は必要ですか?

なくても困らない、後悔しないのではないですか?

アナタの希望にマッチした塗料を選ぶことが重要となります。

上級テクニック

上級テクニック

使用塗料と同程度の性能、効果、耐用年数を保持した別の塗料がないか確認しましょう。

塗料にも、製造メーカーの違いで、同じぐらいの性能の塗料でも、金額が変わります。

別のメーカーで、もっと安い商品がないのか、探す価値はあるでしょう。

業者、仲介サイトに直接相談

割とみんながしていないのが、コレです。

業者からもらった見積書が、もう少し安くならないかと頭を悩ませるだけでなく、直接業者に相談しましょう。

外壁塗装工事は、複数の工程があり、それぞれの工程でお金が発生しています。

全体の金額でなく、一つ一つの項目で、少しずつ削るだけでも、トータルで見ると、相当額になる場合もあります。

アナタの妥協できる範囲を、業者に伝え、再考してもらうように相談することをおすすめします。

また、業者に工事金額をいくらぐらいに抑えるには、どこをどのくらい妥協したらイケるのか聞くと、一緒に考えてくれます。

複数社から見積もりをもらう相見積は必須

何社ぐらい見積りを取ればいいの?

複数社に見積もりをしてもらいましょう。

少なくとも3社程度は見積もりをとるといいです。

業者により金額の違いが必ず発生します。

相見積する時は何社ぐらいがおすすめ?

個人的には最低でも、3社ぐらいで検討したいですね。

出来れば、同じ塗料を使用した場合の見積もりだと、比較がしやすいですね。

金額の開きとしては、大きい場合は50万以上の違いがある場合もあります。

それを知らずに、金額の高い業者で工事するのは、もったいな過ぎます。

1社だけしか見積もりを取らないと、信用できる金額かどうかの判断ができないため、損する可能性があります。

3社程度の見積書を見比べると、そのような見落としがなく、契約できるでしょう。

相見積をとるのはお金のためだけではない?

いくら適正金額でも、ウマが合わない業者の可能性もありますので、そのような点からも、何社か実際に接してみて、感じると納得いく工事ができると思いますよ。

管理人
管理人

ただ何社も希望工事内容を1から説明して、見積もりしてもらってって面倒ですよね。

そこで、是非利用してみてほしいのが「外壁塗装仲介一括見積もりサイト」です。

外壁塗装の仲介見積もりサイトってどのようなもの?

外壁塗装の見積りサイトってどのようなもの?

希望の工事内容を吸い取ってくれて、あなたの工事にマッチした業者を加盟業者の中から選定して、希望した数の業者を一気に仲介、紹介してくれるサイトです。

また、今回は縁がなくお断りするときも、あなたに代わって、仲介サイトが業者とやり取りしてくれるサービスもあるところもあります。

仲介見積もりサイトについては、コチラで詳しく解説しています。
外壁塗装一括見積もりサイトは電話勧誘が心配?注意点解説

見積もりサイトのデメリット

外壁塗装仲介一括見積もりサイトのデメリットはコチラです。

  • 悪質な勧誘してくるようなサイトが存在する
  • 大量なサイト中から見極めるのが大変な作業量
  • 複数社の見積書から決定するのは、悩んでしまう

外壁塗装一括見積もりサイトと検索すると、すごい数のサイトが引っ掛かります。

管理人
管理人

その中から、「このサイト!」と決めるのは大変ですよね。

見積もりサイトのメリット

メリット

次は、外壁塗装一括見積もりサイトのメリットを見てみましょう。

  1. サイト登録で複数社に見積もりしてもらえる
  2. 仲介業者の審査を通った優良な加盟業者が対応してくれる
  3. おおよその金額を知ることができる
  4. 見積もりだけなら無料でしてくれる
  5. 工事を断る時、仲介業者が間に入ってくれて、直接業者とは断りのやり取りしなくてもいい

1.サイト登録で複数社に見積もりしてもらえる

たくさんの塗装業者を知っている人ってあまりいませんよね。

外壁塗装の知識がないと、いい業者を探して、希望の工事内容を説明して、見積書を作ってもらうのを複数社してもらうのは、なかなかハードルが高いと思います。

管理人
管理人

そんなあなたには外壁塗装の見積もりサイトを是非利用してほしいです。

2.仲介業者の審査を通った優良な加盟業者が対応してくれる

2.仲介業者の審査を通った優良な加盟業者が対応してくれる

私がおすすめする外壁塗装一括見積もりサイトなら、加盟業者が数百あります。

全国各地に選りすぐりの業者を紹介してもらえます。

私のおすすめするサイトはコチラで紹介しています。
選定は慎重に!外壁塗装一括見積もりサイトおすすめ3選

3.おおよその金額を知ることができる

今すぐ工事したいという人以外でも、気軽に利用できます。

とりあえず見積もりだけしてもらい、今後の参考にするという利用方法も可能です。

4.見積もりだけなら無料でしてくれる

4.見積もりだけなら無料でしてくれる

実際の工事がスタートする前までは、無料で出来ます。

上記でも書きましたが、今すぐにという人以外だと、無料で見積もりしてもらえるのは助かりますよね。

5.工事を断る時、仲介業者が間に入ってくれて、直接業者とは断りのやり取りしなくてもいい

おすすめする「ヌリカエ」や「外壁塗装駆け込み寺」なら仲介業者が業者とやり取りをしてくれます。

直接業者の人にお断りを入れるのも、苦手という方のは非常にありがたいサービスです。

今すぐに外壁塗装工事をしたい人も、これから計画している人にも、複数社の見積もりが簡単に見れるのは、とてもいいことです。

これからの外壁塗装の計画がしやすくなりますし、どのような塗装をしたいか具体的に決めていく参考になります。

外壁塗装一括見積もりサイトについて説明しています
外壁塗装一括見積もりサイトは電話勧誘が心配?注意点解説

まとめ

あなたの持っている見積書は適正でしたか?

管理人
管理人

また1社だけではなく、何社かの見積もりを見比べましょうね。

こちらで紹介しているサイト是非利用してみてください。

-外壁塗装の見積もり

Copyright© リフォームのイロハ , 2019 All Rights Reserved.